nanto-e.com archive

はる・なつ・あき・ふゆ

それぞれの季節に色があり、夢があり、愛がある。飾らない自分でありたい。

『歸國』

2010年08月14日
倉本聡さんの 『歸國』

今夜放送予定の
テレビドラマ。

終戦記念日の深夜
東京駅のホームに歸國した
英霊たち

南の海で玉砕し
そのまま還れず海に沈んだ英霊たちの 歸國

『帰国』ではなく あえて 『歸國』

棟田博さんの
「サイパンから来た列車」では
英霊たちは
10年後の日本をみて
その復興にホッとするらしいんだー。

でも、
今は?

今 英霊たちが歸國したら 
この日本を
どう思うだろーか? 
       
       って話らしい。

ほーんとにぃ
どう感じるだろうかねぇ。

私たちにしても
彼らに
なんて言えるんだろう。。。




倉本聡さん

あーぁ、
あの風貌とか、
表面的なものは
どーしてこんなに嫌なのかと思うくらい
イヤ!なんだけど・・・(笑)
「倉本聡って二重人格?」って
感じるくらい
モノを見る目や 発想は、
激しく共感することばっか。

だから、
今晩が楽しみ。

       

キャタピラー

2010年08月16日
お盆前後は
なーんとなく“戦争もの”に
浸かりたい気分になるので、

映画「キャタピラー」
観てきました。

焼きただれた顔、
四肢を失って帰ってきた 
夫。

「生きる軍神」と祀られる 夫。

「生きる軍神」って なに?
キャタピラー(芋虫)って なに?

       ・・・なにがちがう?



もっと気持ち悪い映画かと思ってたら、、、
人間みぃんな芋虫に思えて
少し滑稽だった。

ばんえいの馬

2010年08月19日
中年リストラ馬、「馬肉」寸前から快進撃

成績不振で引退
食肉処分寸前の
ゴールデンバージっていう
人間の年齢で56歳(くらい)の馬が
ばんえい競馬に復活し
中高年とは思えない
快進撃を伝えるニュース。

数日前のことだけど、
このニュースを見たとき

       いくら好物でも
       馬肉は
       しばらく食べまい

と 思った。

だって、
北海道にいくお金と時間さえあれば

       思う存分
       ばんえい競馬を見とりたい

と 思っているほど好きやから。

あの馬たちが
馬肉になっとるんかと思うと・・・複雑。

ばんえい競馬はスゴイっつうか、おかしいヨね。
なんでこんな苦しい思いを
わざわざ馬にさせるのか。
また、
それをやる馬も馬だよ。
で、
それを見て じ〜ん ときてる 私みたいな人間も人間。(笑)

ゴールデンバージのニュース映像は
驚いた!

「すごっ!」

一歩の脚も前に出せないで苦しんでいる
他の若い(?)馬たちの傍らを、
走り抜ける勢いで突き進んでいくんやもん。

       何ごとも
       年齢のせいにしたらアカンな。

       反省

でも、なんやねー
素質を見抜いた調教師がたまたま拾ってくれたけど、、、
そういう調教師に出会えることも また奇跡。

私の人生は厳しいなー。(^^ゞ (苦笑)

やぶれてしもた。

2010年08月20日
残念や〜。

報徳 敗れてしもたぁ。。。

高校野球
去年 甲子園で
対戦相手、天理の選手を見たときは
大きくって怪獣のよーやと驚いた。

アルプスからやから
正確には
怪獣も豆粒にしか見えんかったけど、
デカさは伝わった。

そして今年
甲子園で
対戦相手、報徳の選手を見たときは

ウチとこと おんなじや〜。 
今年のはおんなじぃ〜。

よかったと思った。
紛れもなく かわいらしい高校生やった。
強そーやなかった。w

今年は
ネット裏の中央特別自由席っちゅう
ちょっとたくさんお金を払ったもんやから
間近でみれた。
間近でみたから、
その後 テレビ出番の多かった報徳の選手たちを

あー、あの子 知っとる!
あー、この子も知っとる! と よーわかった。

だから
一方方向勝手に
よー知っとる子らちに思えて・・・
応援モード全開やった。



とうとう
敗れてしもた。

ひっしょんなくなる。

評価しませんか?

2010年08月27日
安房トンネル
若干、車の量が
多くなったよーな感じでした。

高速無料化の恩恵?って言っていいんですかねー。
       恩恵って何やろう?

この夏
平湯温泉から上高地の行き帰りに
お姫様気分で、タクシーつかいました。

       安房トンネル無料化もあって
       人数さえ集まりゃ
       バスよりぜんぜん安いんやもん。

       しかも、
       混み合うバスに比べて
       臭くない! (笑)
       待たなくていいし、
       ゆったりだし、
       荷物の出し入れもやってくれるし・・・

       イイことづくめ。(笑)

その
タクシのー運サマが言ってたんですが、

無料化で
お客さんの負担が減って嬉しい。と、
そして、
私らにとってココは生活の道
夏場はいいが
冬場は
安房トンネルが出来たことで
安房峠の除雪がしてもらえなくなり
料金払って、安房トンネルをつかうしかなくなったんです。
だから、
社会実験とはいえ
無料化がありがたい。
            って、

ウチら観光客は別として
せめて地元の人には
いつも無料にしてあげて!って感じやわ。



安房峠っちゃ
いっぱい思い出ないですかぁ?

私は、

安全装置のないジェットコースター気分 
味わったことあるし。(笑)

激しい行楽シーズン
お天道様がまだ高い時に峠道に入ったのに
出られたのは、
一般の人が眠りにつく頃だったりとか。(笑)

中国の人

2010年08月29日
劇団SCOT
この夏は
21日の『シラノ・ド・ベルジュラック」
26日の『新・帰ってきた日本』
人のご厚意があって
観ることが出来ました。
       この場をおかりしまして
       みなさん、ありがとう! 

で、
『新・帰ってきた日本』ですが、
会場が 新利賀山房
ね、わかるぅ?
役者さんの唾がとんでくるよーナ
至近距離なわけやちゃ。
もう、そのド迫力!
一挙手一投足 魅入ってしまって、、、
       ただでさえ難しいのに
       よそ見?をすっから
       ずいぶん置いてかれた感じがしつつも。(笑)



はなしは、
一宿一飯の恩から
何の恨みもない人を斬ってしまう 中国の人。
斬られたのは、日本の人。

どうにもならない(せこい)
モンゴルの人
ベトナムの人
韓国の人らに比べて
斬られた日本の人はもちろん
斬った中国の人は
義理で始まり仁義で終わる
義理人情に厚い人なのだ。

       んー、
       中国の人に仁義? と
       少々の違和感
       抵抗感を持ちつつも。。。

       まぁ
       そう思う自分が
       くもっているのかなぁと
       反省もし・・・(^^ゞ

とにかく
置いてかれたまんまでは悔しいので、(笑)
何度も観てみたい作品です。
そして、
置いてかれたまんまでも
かなり爆笑でした。

クロッシング

2010年08月31日



『クロッシング』
観てきました。

北朝鮮脱北者を取り上げた
映画です。

韓国映画ですが、
映画公開の保障もないまま
非公開・極秘裏に企画・撮影されたようです。
そして、
イ・ミョンバク政権になったことで
映画公開がかなった・・・

全てが、リアルそのものだそうで・・・

       現在、脱北者は30万人とも。
       でも、じゃあいったい
       どんだけのが亡くなってるの?・・・って、
       こわくなりました。



わたしが何よりショックだったのは
脱北=成功や、やったー!これで幸せ・・・  
       では決してなく。。。
わたしの脱北に対するイメージが
打ち砕かれた感じ。



もっと大きな劇場で上映されて
多くの人に観てもらえたなら・・・
作者 : つばき  (女子です!)

言いたいことが言えない。伝わらない。なかなか素直にはなれないけれど、時には流され、時には立ち止まり (*^_^*) ちょっと自己主張でもしてみようかなぁ。

2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
1
2
3
4

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。