nanto-e.com archive

はる・なつ・あき・ふゆ

それぞれの季節に色があり、夢があり、愛がある。飾らない自分でありたい。

生まれかわり

2008年10月01日
弘法大師 空海って
聖徳太子の 生まれかわりなんだって!

「法隆寺展」で
そー 書いてあった。




お釈迦さんが お亡くなりになって
五十六億七千万年経ったら
弥勒菩薩さんが 救世主で現れるらしいがいけど、

それまでは 仏さんのおらん時代 なんやと。

     つまり 今。
    
     

で、
仏さん おらんもんやから
今は かわりに
地蔵菩薩さんが
ウチらを救ってくれとるんやと。

これも「法隆寺展」で
そー書いてあった。



じゃあ 今 
その 弥勒菩薩さん
何しておいでるか、言うたら

修業中らしいわ。

弥勒菩薩さんっちゃ あの 半跏思惟像の仏さんやろ

今頃 
ずぅーっと あーやって 
ひ弱そーに 考えておいでるがかね? (笑)

で、
空海さんちゃ

その 弥勒菩薩さんのとこ
遊びに行ってやらしい。。。

     修行の邪魔にならんかね(笑)





     そんな こんなを考えとると
     なかなか
     眠れん毎日やわ。

美しい自然の摂理

2008年10月02日
カネと水は
高いところから 低いところへ
そして 
隅々まで。

水は
上から 下へ 流れるもんね〜。

なら、
おカネも・・・。

これが
美しい自然の摂理


今の日本
カネは
低いところから 高いところへ
上がっていってる

     おかしいんだって!!



カネは 使わないと
しょうがないんだゾ!




     そんなことを
     ラジオで 力説してた
     松山千春

     胆石で 痛くって
     脂汗にじませながら
     しゃべくってるんだろーね。
      
     今年だけでも
     
     インプラント手術
     心臓
     糖尿
     胆石 手術?

     いつのまにか
     病院が 「我家」

自分で言ってる

松山千春 何度 甦るか!!  やと。  (笑)




     

募金とか。

2008年10月03日
親切っていうのは、
自分より かわいそーって思える人には出来ても
自分より 恵まれてる人には
なかなか 出来んもんだ。

募金とかして
いっぱし いい事をした気になるのも
なんか、イヤだし

     優越感か?   って 思うし・・・
     万人に 優しくできるわけじゃないし・・・

かと言って
なんもしないのも
なんか 冷血人間みたくて・・・
みったくそわるい。

だから
募金箱の前とか
心ん中で よく 溜息ついてる。



     どこにでも
     悩みは あるもんだ。

只今 興奮中

2008年10月05日
金曜日
会社にお休みをもらって

金・土の 一泊二日

自分の中では
ものスゴイ経験・・・してきました。

人間 大きくなったようです。

          カラダの幅が・・・(笑)

その お話は また今度。

だって、まだ 興奮中。

期限切れ

2008年10月06日
2週間 使い捨てタイプの 
コンタクトレンズ

期限切れ 5日目・・・^^;

さっき 気付いた

     あー、なんか 急に 見えんなってきた〜〜。

のど自慢

2008年10月06日
きのう お昼
テレビをつけたら
「のど自慢」やってた。

千春のふるさと
足寄からだった。。。

半端じゃないくらい
過疎がすすむ町

     牛さんのほーが
     圧倒的に多い

     けど、

     テレビの中の人たち
     みんな 元気や!

「のど自慢」の様子

開町100年記念事業の ひとつなんやろう・・・





春コン中に倒れ
中止かと思われた

「松山千春ふるさとコンサート2008」

これも 開町100年記念事業のひとつ

いま どーにか、こーにか 年内には間に合いそーで
10月21日に 開催できそーや。   ほっ♡





そーいえば
この間 KNBを寿退社した
帯広出身の栂安アナ

この 『栂安』って姓
全国数件しかないそーやけど、

『栂安』って看板 足寄でも見たゾー 。。。?

そん時は 帯広近いし、
この辺 ありがちな姓なんかなぁ。。。って
単純に 思ってたケド。 ???

愛あればこそ! 

2008年10月07日
とうとう
行って来たんヨ

奥穂高岳から西穂高岳への縦走




これが ジャンダルム

       みんなの憧れ
       
       あら?

       山行かん人には
       興味ないかねぇ。。。

けど、
ここ
一般登山道 最難 て言われてて

山岳保険も
掛け金3倍のじゃないと
ダメで、、、






靴 買った
カッパも。。。

チットでも 良いモンにしよーと思ってサァ、

     フフっ 
     妙に
     財布だけは 軽なった。



友人のHちゃんは
20年近く前に
ここ 渡ってる。     

     当時の彼ちゃんと、

「どんなトコやった?
こわいトコなんやろ?
あんた、よー、行ったちゃぁ〜〜」

って 聞いたら

即答

「愛やちゃ。愛あればこそやちゃ。」



でも
縦走しながら
思った

愛があったら 
こんな危険地帯
ほんまに
連れてくるんかなぁ。。。



     つづく。

安全第一

2008年10月08日
10月5日 朝6時半
新穂高温泉無料P 出発。

標高差2000メートルの
穂高岳山荘を 目指す
     (考えただけで だやい。)




途中 牛さんに見送られる。
(あんたたち デブると 長生きできんよ。。。)




重太郎橋

       去年 ここを下った時は
       大雨続きで
       壊れてて 渡れんかった。

       水量も多くって
       滑る石に しがみつきながら
       一か八かで 必死だったけど

今年の橋は
立派に 健在!   よかった。。。







岩切道(がんきりみち)

重太郎さんという人が
切り開いた道。



途中 荷継小屋跡で
ランチタイム♡

・・・と、そこへ

30代くらいの
2人の男性が やってきた。

聞けば
今日は 穂高岳山荘
明日は 西穂高岳に向かうって言う

「あー、いっしょ! いっしょ!」

よろこぶ 私。   なぜか 引くふたり。。。

この 熊本チーム(ひとりが熊本県人だったので)
ハーネスやらヘルメットやら
ちゃんと 装備してた。

ヘルメット代を ケチった私
     妙に 心細くなる。。。

そんな 私に

「ヘルメットは気休め。
落石は 飛び石がこわい。 はじけた石が 下からくるんで、
頭より 顔面かも。。。」

「なるほど。。。
えー、でも 自分が 落ちたら 頭 打たん?」

「滑落したら 200メータではキカンでしょうから、
ヘルメットは意味がないでしょう(笑)」

なぁーんだ、
滑落した時の為に 笛もってきたけど、
じゃあ
これも いらんね。。。(笑)



     つづく。








最後の晩餐・・・かも

2008年10月09日



ガレ場
3時間 上り続ける

斜度が、かなり、、、で
おまけに 変化がなくて 辛い。





途中 (色黒の)カモシカさんに
見つめられる。(*^_^*)

     人間なんて
     威張ってるわりには

     頑張っても
     頑張っても
     カモシカの横を 通り過ぎるのに
     30分も かかるんだもんね〜〜、

     「お前ら、たるこいな〜〜!」

     そんな風に 思ってるかも。



2時30分 穂高岳山荘 到着

ホットカルピス 400円が 
妙に うま〜い。

部屋に入る
布団は かなり しったるこいけど、
一枚もらえた。   ラッキー(^^)v

同部屋の
見ず知らずの人との おしゃべり

     これが 楽しい。

他に なぁ〜んも することないし、
老若男女 十数名 山の話で 盛り上がる。

     夕食の時間まで 延々と。

     さっき 会ったばかりという気がせん。


夜ごはん

窓の外を見ると
薄暗い中 
ヘルメットをかぶった人たちが
到着。

     「ばんざーい!」

     歓喜の姿

あー、きっと
明日 私が 渡るはずのコース
渡ってきたんだなぁ。。。

いいなぁ。。。

私は 明日 また 夜ごはん 食べれるかな・・・。

そんなこと 考えながらも
とりあえず
寝る!

明日はいよいよ 超危険地帯。

6時30分 「おやすみなさ〜い!」

       つづく。




でかケツ 頑張ります!

2008年10月10日
標高3000メートルにしては
あったかい 朝。

岩も 濡れてないだろーってことで
いよいよ 出発。

奥穂高岳からの景色




手前が涸沢岳 北穂高岳 奥が槍ヶ岳
去年歩いた縦走路(今回の反対方向)

さぁーて いよいよ
ジャンダルムへ だ!

 


右奥の ヘンな形の山です。
手前には
鋭いナイフリッジの 馬の背
垂直壁の ロバの耳 

左後方に ポコンと見えるのが
大正池をつくった 活火山「焼岳」




まず この てんこを 歩いて おりなくては・・・




ただ今 おりてます。
スイマセン でかケツです。


ロバの耳
これは 直登してから トラバース




無我夢中で格闘してたら 
いつの間にか
ジャンダルム 到着 (^_^)v




中央奥 富士山がみえた。




快晴!
後方右に雄山 奥に剣岳
左に薬師岳

なんて 私は 運がいいんやろ!
こんな 絶景に ワントライで 
出会えたんやもん。。。

     なんだかんだいっても
     寒いです




     霜。

     先週は 大雪だったんやもんね。


       つづく。

感謝!

2008年10月11日






どこまで行っても、

こんな所を 
よじ登るか
よじくだるか

はたまた
細い崖っぷちを
トラバースするか、、、

剱岳の難所
カニのたてばい
カニのよこばい みたいなところが
フツーに 盛りだくさん! って感じのトコ

足がかり 手がかりは
ゴツゴツした 岩場の割には
なかなか 探せんかった。

ルートを外れることも しばしば で、




おまけに 岩は 脆いところも 多くって、

浮石地獄
落石地獄

「らく〜! らく〜!」 (落石を知らせる声)

       叫びっぱなし。。。

岩なだれ っていうのかな、
轟きが 何回かきこえた。

       山は 動いてるんやねぇ。。。





それにしても いいお天気!
真っ青な 青空。

     エっヘン! 日頃の行い。(笑)



なんなんでしょうねぇ。
高所は一応 弱いんだけど、、、

スパッと 何百メートル下まで
切れ落ちてる 壁なんだけど、
不思議と こわくないんよね〜〜〜

                わたしは、







ここが
逆層スラブ

わたしにとって 一番難儀したトコ
登りのほうが きっと 簡単やったと思う

今回は くだり

くだりは
滑った!
巨大な 滑り台やちゃ

       仕方なく
       鎖に やっかいになったわぁ。

     




どーやら
西穂高岳山頂が 近づいてまいりました。
ここまでくれば
一般登山客も いっぱい 
ひと安心。

ここまで
すれ違った人
9名
若い女性のソロ
年配夫婦 などなど。

人間に 限界は ないなぁ・・・なぁんて
思っちゃった。。。

     わたしの 今回の冒険
   
     あー、楽しかった。

     感謝!





人生楽ありゃ

2008年10月12日
人生
いいことばっかじゃ ないもんねぇ。

私なんか
弱っちいから

ポン
って 指で突かれただけでも

フラフラって
倒れてしまいそーだ。

     ほんと、
     人生 いいことばっかじゃない。

     けど、
     それなら それで
     這ってでも・・・

     すすむ。

みたことない

2008年10月13日
きのうの 上高地 
もの凄い人。

バスターミナル
バス待ちの人の列が
すんごい、長くって、、、

     いくら人気でも 
     こんな 上高地 みたことない

     帰れんかと 思った。。。わ

     バス時刻も へったくれもない
     バス手配つき次第 出発させとるんやけど、
     ぜ〜んぜん 追いつかん。

・・・で、
どーにか こーにか
平湯まで来たら
ここも
大渋滞。

春夏秋冬 色々な季節に 平湯にくるけど
こんな平湯も みたことない



高山に抜けて 帰るつもりやったけど

「無理だと思います!」

って バス係員のおねーさんに言われた(笑)

バスの運転手さんも
平湯がこんなに 人や車であふれかえったのは

       みたことない

       言うたった。

41号線を 帰ってきたけど、
こっちの車線も あっちの車線も
ずっと 車がつながってる

こんな41号線 みたことない

温泉場で 温泉につかれんかった ウチら、
帰りに「楽今日館」で 風呂に入ることに・・・

ここも 芋の子洗うほどの人

ふだん「楽今日館」をご愛用の友人

       みたことない!

って 叫んどった。



○○の時代は もうすぐ終わるんやて

2008年10月14日
経済学かなんかの エライ先生(?)の話

ITの時代は もうすぐ終わるんやて。

これからは 生産が重視されるって。

なかでも 食料。
食料の時代が来るって・・・

より 多くの食料をつくる
より 栄養価の高い食料をつくる

食べられないものを 食べられるようにする

       ふぐの卵子とか、?
       日本人の得意分野かな。。。



話はズレルけど、

ひと昔前 
子どもたちに
未来の絵を 描かすと

銀色の世界 カプセルな世界 
ヘンテコな乗り物
機械的・宇宙的

     そんなのばっか。

最近の子どもは

ほんの一部にでも
みどり・自然
描かれてることが 多いんだって。


     

はんたいたまご

2008年10月15日
平湯を通ると
必ず 食べる

「はんたいたまご」

25〜30年前からの 習慣。

思い込みの激しい私は
てっきり
みんな 同じやと思ってた。。。



この間 平湯に行ったから

「じゃあ、帰り はんたいたまご ね!!」

って 誘ったら

「?????」

     この人たちは
     平湯に 何十回と来とっても
     「はんたいたまご」を 知らんのか!? (笑)

しゃーない
快く みなさんを 案内して
みんなで アツアツしながら いただく。

ささやかな 贅沢

     一個 50円 (値上がりしてなくて 良かった!!)

温泉卵 いろいろなトコで食べるけど、
この平湯の 「はんたいたまご」
な〜んか 固さといい 雰囲気といい 
いいんやよね〜〜〜

あの チュルチュル ジュルジュル ズルズル 

     塩をたっぷりかけて

     ズッポン!! と 飲み込む。 

あ〜、いいなぁ。
また 食べたなってきた〜〜〜







飲酒運転

2008年10月16日
知り合いの人が
飲酒運転で
御用になった。

   お酒を飲んだ

     翌朝に。



噂には聞いておったけど、
やっぱ
こんな 田舎あたりでも
朝っぱらから
取り締まってるんだぁ。。。ねぇ。



「公務員なんで、、、アルコールチェッカーは
いつも 持ち歩いてるんです。」

     お山のてっぺんの 山小屋にまで
     携帯してた人がいた (笑)

     やっぱ
     翌朝でも かなり 残ってるらしく
     自家用車ではなく
     公共の乗り物を利用して 出勤することが
     多いらしいンだ。




わたしも 
はかってないから でっかい気持ちでおるけど、

気をつけんと アカンねぇ。。。







参加することに意義がある!?

2008年10月17日
19日が
富山県知事選の投票日

その後は
一気に
市議・市長選に
突入しちゃうんだろうね。

いや、
その 割には
私の周りは
さめてるかな。

「エライ人に 任せておけばいいちゃ。」

そんな友人の言葉に
ガックシくる。

     なんで 自分で考えんのだ?
     なんで 自分の思いを伝えようとせんのだ?

「誰になったかって そー、たいして 良ーも、悪くもならんちゃ。」

     確かに
     そーかも 知れん・・・

     でも、本気で考えたことあるんかな。
     いつも 他人任せで
     思うようでないと
     不満ばっかし 口にして。
    
     自分の こと なのにさ
     無責任だよね。
     
     ほぉらね、
     きっと そんな ウチら ひとりひとりの
     無気力感みたいなもんが
     人から 笑顔を奪っていっとるのかも
     知れんよ。



「知事さん 誰に入れりゃいいかね?」

って ウチのおかーさん 聞いてきたから、

「自分で考えられ」 と言ったら

「だって オラみたいもん わからんもん!」

と、ごねた。

「わからんでも いいちゃ。わからんでも わからんなりに
考えられか、 ここに “かいたもん” あるから、これ読んで。。。」

あとで そっと覗いたら
老眼鏡かけて “かいたもん” みながら 
ブツブツ唱えておったヮ。 エライエライ




強制撤去

2008年10月18日
きんのは
ちかれたぁ〜〜〜

会社内のA現場にて
一斉清掃っていうのを
新しい試みで やってみた。

全社員
A現場に集結して

まず、ゴミ(と思われるもの)の撤去

     誰が どーみても
     ゴミとしか思えないもん

     床に散らかったもん

     数年は 置き去りにされてると想像できるもん

     集めに集めて 積み重ねられた
     空き箱やら 紙切れ・・・etc

捨てようとすると

     「あっ! それダメ」
     「あっ! これもダメ」
     「あっ! それ大事」

「捨てましょう。。。」って言っても
ゴミらしきモノに しがみつく
A現場の 作業者たち

どーする こーするで
わたしも エライ 口論してしもたヮ。

     TVニュースでみた
     強制撤去の 場面 そのもの(笑)

2時間後
集められて 巨大なゴミの山 出現。

このゴミの もともとの購入額は
数百万円 数千万円也

正しく 使われもせず
管理もされず
ゴミ同然の 扱いを受けてきた
財産。

     わたしのボーナスは
     ゴミに 化けとったんやね。うっ。

夜と朝の間

2008年10月19日
夜更かしを
してしまった。

3時15分
新聞配達さんが来ても
まだ
寝なかった。

4時も過ぎれば
人が動きだすんかな、
     車の走る音が
     たくさんになってきた。

面白いよね。

人が寝る時間と
起きる時間の境目。

     山やスキーに行く時は
     夜中に起きて
     活動するから
     そんな場面に
     よく出くわす。

     酔っぱらいと
     新聞配達さんがコラボした 風景


に、しても
夜更かしした次の朝の太陽の光って
なんで こんなに
射すよーに
眩しいんやろ。。。

自由投票

2008年10月20日
「自由投票」って
私にとっては
なんか ちょっと へんな言葉。

     投票って
     自由なモンでしょ?



今回の知事選
ある政党が自由投票にしたら

党員の戸惑い
「どーしていいかわからない」


     そんなニュアンスの
     新聞記事があった。



どーなってるの?
自分で 考えられないの?




南砺市長選は 大丈夫?

「どーしていいかわからない・・・」

       結構 聞こえてきてるョ。




       いつも誰かに全てを
       与えられてきたから〜
       自分ひとりじゃ
       なんにも
       考えられないんだろー   (ちはる)


うん・ち

2008年10月21日
経験もないのに
踏んだ瞬間に
わかるもんなんやね〜〜

       足裏感覚で・・・(笑)

しかも、
人のものか
犬のものか・・・まで

       感触で・・・(笑)

       (あきらかに人のものデシタ。)



きんのの晩
自転車と足で
配り物してたんよ、
月明かりを 頼りに。

そしたら 路肩よりのトコで
踏んじゃった。。。さ、(苦笑)

       気分まで
       どっと暗くなった 瞬間。



この間
選挙に行った時も
投票所の公民館前で
危うく 踏みそーになったし、、、

       でも それは
       もう すでに
       踏まれたアトが・・・(笑)



公衆トイレのまん前の
公道のド真ん中に こんもりしたのを
見たことあるし。

       どこでも
       出来ちゃう人って
       いるんやね。。。



       はたまた
       私が 
       とりつかれとるのか!?

大噴火!

2008年10月22日
1週間チョイ前に 行って来たんヨ。




上高地へ向かう 
釜トンネル入り口付近の 風景

曇ってるなぁ。。。










でも、
少し登ったら 
雲海に












秋の山は 綺麗やねぇ。。。






目ざす 「焼岳」 が見えてきたヮ。







火口アトやと思います。







いたる所 湧いてます。
足もとも 湧いてます。

前、来た時は
頂上辺りだけ 湧いてたんやけど、

今回は 結構 下ったトコにも
いっぱい 湧きだしとった。

       ひょっとして、
       そろそろ 危ないんでないかい?

       この間、
       なんかぁ?
       異音 ごう音がして
       上空からヘリで 調査したっていうし・・・。




手前が 
大正時代の噴火で
溶岩が流れたアト






で、そん時 出来た
「大正池」

最近 風化して
幻想的雰囲気が薄れたきたから・・・

       そろそろ 平成池!?   








岩んトコの紅葉も
綺麗やろ。






上高地の川も
綺麗やろ。

岩魚わんさか

       おいしそー。

                    

田舎者の条件

2008年10月23日
都会ともなると
でっかいとの人が
一緒に 信号待ちするやろ

それが 嬉して、(笑)

ついつい
一番前まで行って
待つんやよ・・・私は。

     信号が 青にかわって
     誰より 先に
     踏み出す 一歩

     快感やなぁ〜〜。



だいたいね〜、
信号待ちとか 電車待ちのホームで
一番前にいるのは
田舎者ながやと。

都会の人は
うしろのほーに うしろのほーに
さがっていって 待つんやて。

「なんで?」

って 聞いたら

「田舎者は
人を 信じすぎる。
もし うしろから 突き飛ばされたら
どうするんや!」





       はぁー、
       そんな もんかぁ。。。

       でも






       
       「都会はこわい」

       その考え方も
       田舎者やよな〜〜。 (笑)
       

年寄り VS 若いモン

2008年10月24日
「若いモンちゃ 年寄りを だらんしとる。」

そー言われた時は
ちょっと
ショック受けたヮ。

ただね。

だらんしとるわけじゃないけど、
わかってあげれん部分て
いっぱい あるちゃね。

一緒に歩くにしてもね、
話す声の大きさ はやさにしてもね、、、

       まして
       今は
       年寄りと 一緒に住まん家 増えたから
       ますます
       わかりあえんよーに
       なって行くちゃね。



「若いモンちゃ 年寄りを だらんしとる。」

そう、思われても しかたないかな。。。

でも、
そう思って 毎日を暮らしとる 年寄りの人たちが
おるんかと思ったら、



       悲しくなる。。。

しきる

2008年10月25日
「これでいいですか?」
「これは どーしましょうか?」

最近
会合やら
集会やらで

私自身は
若い娘の並びで
一緒にいるつもりやけど、

なんでか
こんな風に
きかれてしまう。。。

     初対面なんかで
     この反応は
     ある意味
     辛い (笑)

     まして
     男子にまで。



でも、
ついつい

「じゃあ あれはこーして!」
「これは ああして!」
 
     
     その場をしきってしまったり、、、
   
  

ずっと年をとっても
こんな風に
しきる女にだけは
なりたくないと思っていたのに・・・

若い娘の並びからは
どーも
外されてしまうらしい。。。

将来なりたい職業

2008年10月26日
「あら、あんたここで働いとったんけ!?」

懐かしい友だちにあった。
保育園から高校まで 一緒だった。

きのう
「マーシ園」であった。

その友だちは
ちっちゃい頃から看護の仕事に
憧れてた




     忘れもせんヮ

     ある時
     その友だちが 泣いとった。

障害のある方たちと
交流をもてる機会があるんだと言って
よろこんで 出かけて行ったんだぁ。

でも、
現実は、、、

     正直な気持ち 
     こわくて
     さしのべられた手に
     触れることすら 出来んだ   って、、、
    
     そー言って 泣いてた。



今、
「マーシ園」で
いきいきと 働いてる 友だち見ててサー

     ふと
     そんなこと 思い出してた。

逞しくなったというか、
立派になったというか、
なんだか 嬉しかった。

生命(いのち)

2008年10月27日
この子の人生を 見届けられるなら〜

最後まで見守って あげたいと思うね〜




千春の 『生命』(いのち) って歌だけど、

あした(10月28日)
日テレ 「誰も知らない泣ける歌」 っていう番組で
紹介されるらしーよ。

親が子を思う歌
千春が娘を思った歌

       あの 風貌からは
       想像できんかもしれんけど

       優しいんだよ〜〜〜。



この歌ができたころ
コンサートや何かで

「娘はブスだから 将来ひとりでも生きていけるよう
手に職をつけさせなくては・・・」


       そー言って 笑わせてたなぁ。


先立つ親不孝っていうけどな、
子どもの人生を
ずーっと 
何があっても
守り続けたいって思うのも 親なんだろーな、   って。

それこそ、ヨボヨボになっても
それでも いつまでも 
守ってやりたいと思うもんなんだろーな、   って。


       そんな風にも 言ってた。





でもねぇ。。。

誰も知らない泣ける歌」

       誰も知らないって・・・

       ちょっとねぇ。。。
       ひっかかるなぁ。。。

       ちょっと! だヮ (笑)





異変

2008年10月28日



こんにゃくでは ありません。

ところてん もどき です。



ウチのおとーさんは
半年前から

       朝はバナナ。

でー、
この
1か月くらい前からは
食事前の

     『ところてん』   もプラス




おとーさん、
夜中に こっそり こさえる
自家製

ついでに
ところてん突きも 
自分で つくりました(笑)







     ここまで凝ると
     そー やすやすとは
     止めれんちゃ。





ちょっと前まで
ダイエットっちゃ
女がするもんやったけど、

最近じゃ
近所の
じーちゃん おっとちゃん あんちゃんのほーが、
バナナなんかで頑張ってやって、

「ウチら 農家やゾ! 米減らんで 弱っとるわ!」

と、おっかちゃんが嘆く時代。 

この先 仕事薄いってサっ。

2008年10月29日
株価云々。

テレビニュースみてると

フツーに街角やなんかでインタビューされて、
フツーにコメントしてる。。。

       私やったら
       (・・? (・・? (・・? (・・? (・・?

       きっと 
       その場で固まって
       
       マネキンのふりするかも(笑)

       カレーまんの値段なら 敏感なんやけどなぁ。。。

円高云々。

「円高還元セール」なぁんて
スーパー広告が入ると

       単純に 大歓迎 !(^^)!


「円高って それだけ日本の経済が 今 世界で一番
信頼されてるってことなんですよ。。。」

そー聞いて、 (信頼されてる?あら、 嬉しい!)

これまた   単純に ガッツポーズ。



良いことも 悪いことも 
いろいろあると影響あると思うんだけど、、、

まぁ
とりあえず
明るくいきましょう。。。

祭り日和

2008年10月30日
今日は
お祭りです。






早朝から
おこわを 蒸してます。   (母さまが、、、)

これが出来上がらるまで
朝ごはんは
おあずけ。。。 (._.)



この おこわを食べて

早々に
大垣に向かいます。





だって
松山千春チンのコンサートなんだも〜ん!! (^−^)



春・夏・秋・冬 はる・なつ・あき・ふゆ

2008年10月31日
「全快では ないんだろーけど・・・」

そう 言いながらも
全開で 頑張ってた 松山千春。

どこが?

って 思うほどの 元気のよさです
     (ムリはせんで欲しいんですがね。。。)

コンサートは
本編の1部・2部 と アンコールの1部・2部が
あるんだけど、

あー、
1時間あまりの 
本編1部だけでも

あー、
大満足 
   できましたねぇ。。。

     7,350円のチケット代
     完全に もとはとれました (笑)

     大垣まで
     行った甲斐ちゅうのも ありました















一夜あけて
ひとつひとつ
千春の言葉を 思い出してるところです。

あの、
今回は

「春・夏・秋・冬 (はる・なつ・あき・ふゆ)」

この さびの部分と

「大空と大地の中で」

これを みんなで
大合唱したんやけど、

いつも以上に
会場のみんな 大声でしたわ

千春と一緒に うたえる 嬉しさ。
この声が 千春に 届くよーに・・・



     オンチのわたし・・・も

     よー がんばりました!!! (笑)

作者 : つばき  (女子です!)

言いたいことが言えない。伝わらない。なかなか素直にはなれないけれど、時には流され、時には立ち止まり (*^_^*) ちょっと自己主張でもしてみようかなぁ。

2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
1
2
3
4

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。